category: 書籍(文具・その他)  1/2

スポンサーサイト

No image

「失敗しない水彩の画材選び」

ブックレビューです。上達のためのヒント「失敗しない水彩の画材選び」くどうさとし著 日貿出版社ISBN 978-4-8170-3974-3数ある透明水彩の技法書のなかで少し視点が異なっていて面白いこの本。透明水彩に関係する"道具"に注目した本なのです。この手の本は時間の経過とともに掲載されている商品がなくなったり、新しい商品が出てきたりで出版する側にとっても難しい内容なのだと思うのですが、読んでみて、ハッと。それは水彩とい...

Book Review「たのしい水彩の時間 0からの水彩イラスト」

またまた素敵なご本の紹介です。以前から水彩画に興味があり、お道具だけはちゃんと揃っているにもかかわらず、なかなか始めることができずにいました。そんな私がこれまた昨年の年末に出会った素敵な水彩イラストの本、「たのしい水彩の時間」です。「たのしい水彩の時間 0からの水彩イラスト」あべまりえ著ビー・エヌ・エヌ新社 (BNN新社) 出版実は、この本が出版される前から、著者のあべまりえさんのブログ(ブログはこ...

"Paper Bouquet" ペーパーパンチで作るお花の作り方の本

今日は簡単に本の紹介です。「Paper Bouquet」というタイトルの本で、ペーパーパンチやダイで抜いた紙を糊付け、成型することで立体フラワーが作れるハウツー本です。私が大好きなhokkeさんの作るお花(hokkeさんの素敵なブログはこちら)ほどエレガントではないけれど^^;、それでも立体のお花を作るアイディア満載の本です。立体フラワーというと一般には「クィリング」の本が多いのですが、これはパンチを使ったもの。この本が出...

マーサのEnsyclopedia of Crafts

ここのところ連続して書籍の紹介ですが・・・今日はマーサスチュワートの著書「Encyclopedia of Crafts」の紹介です。416ページもあるとっても重たいハードカバーの本です。私は決してマーサ信者ではないのですが、彼女のいいところはやっぱりいい訳で。そういうところは素直に認めたいなぁと。いうことで、この本は、タイトルどおり、「クラフト百科事典」のようなものなのですが、「そのクラフトの名前は聞いたことあるけれど、...

色―世界の染料・顔料・画材 民族と色の文化史

No image

色―世界の染料・顔料・画材 民族と色の文化史作者: アンヌ ヴァリション出版社/メーカー: マール社発売日: 2009/03メディア: 単行本色はそれ自身に意味を持つものがたくさんあります.とくに写本の世界などでは,使っていい色といけない色など色々複雑なものもあるようです.そういった,色の宗教的意味や,歴史的意味,またその色のできた過程など詳しく掲載されている本です.色の意味について深く知ると,美術展などで絵を鑑賞...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。