--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16
2008

羊皮紙作りのWSに参加してきました

今日は,前からずっと楽しみにしていた「羊皮紙作りのWS」.羊皮紙に書いたことすらない私が,羊皮紙を作る体験までできるなんて,こんな素敵な企画はありがたいかぎり。

あいにくなお天気ではあったのですが,土砂降りでもないし,ルンルン気分でお出かけしてきました.

最初は羊皮紙に関する説明を詳しくしてくださって,しかも実際に羊皮紙に書かれている古い書物の一葉など実物も拝見させていただいたり,実際に触れさせていただけたりしました.

そのあとから,実際に羊皮紙作りへ.下準備までしてくださっていた羊の皮を使って実際に延ばしていく作業をしていきます.

$Mew's Room-羊皮紙



こんな感じに伸ばしていきます.木枠に引っ掛けて,それを伸ばして,その後丸い刃のカッターで凸凹などをなくし,軽石でこすったりした後の状態です.これをこのまま乾燥させてそれからまた,研磨作業があるということです.(今日はあいにく雨で湿気も多かったせいか,時間内に乾燥しきれず後日乾燥した状態で送ってくださることになりました)

乾燥している間に,すでに完成している本物の「羊皮紙」(黒いヒツジさんの皮でできているものだそうです)にクイルペンで字を書く体験です.インクも,昔ながらの製法で作られた自然なインクを作る作業からはいりました.文字を書いた直後は茶色いのに,すぐに真っ黒に変化するという不思議なインク.羊皮紙ととても相性のよいインクなのだそうです.このインクを使っているから,何百年も前の写本が今もなお残っていたりするそうです.


Mew's Room-羊皮紙と羽ペン


左下に白いプラケースに入っているのがその作ったインク.昔の人は,そのインクを水牛の角に溝を掘った部分にそのインクを入れ,インクたてというのかしら,そのインク用の穴と,クイルペン用の穴の開いた木を利用して書いています.なんか雰囲気は当時の写字生の気分です.

それで生まれて初めて,羊皮紙に,しかもクイルペンで文字を書きました.今日はあらかじめ書きたい文字の見本をもって出かけていました.

$Mew's Room-羊皮紙に書きました


こんな感じ.字は練習不足でまだまだですが,クイルペンと羊皮紙の相性,さらにそのインクの相性がよく,とっても書きやすかったです.間違ったところはメスのようなもので削るのですが,その削るのもすごく簡単できれいに直すことが出来ます.

今日はとっても素敵な体験をすることが出来ました.

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。