--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29
2011

友だちのWeddingBoadを描きました

オハイオに住むお友だちが先月結婚をして、9月にウェディングパーティーを開くとのことで、そのウェディングボードを描かせてもらいました。

最初、小田原先生の本を参考にしていたのですが、途中本を見ずに描いていたものの結局かなり影響を受けてしまったようで、何となく同じような雰囲気のものになってしまいました・・・

ずいぶん練習をさぼってしまっていたので、粗も目立ってしまってお友だちには少し申し訳ない気もしますが、気持ちの上では「おめでとう!」という気持ちで心を込めて描きました。

Mew's Room-ウェディングボード


末永く幸せでいてほしいと願っています。

2 Comments

みゅう  

2. Re:花

>ykさん

コメントありがとうございます。はい、お花は平筆と4mm幅のペン先とカッパー用のペン先で描きました。
文字がうまくかけても装飾で失敗すると文字から(ガイドライン引きから・・・)はじめないといけないから、勇気いりますよね。
でもきっとykさんは妥協が許せなくて完璧を求めてしまうんでしょうね。私はその点いい加減なもので・・・
先生の平筆遣いは本当にほれぼれしてしまいます。魔法のように先生の手から描かれる文字や絵。お互い精進あるのみですね^^;

2011/08/29 (Mon) 10:43 | EDIT | REPLY |   

yk  

1. 花

平筆ですか?
自分、平筆が大の苦手で、こないだの後輩の結婚式のボードでも、結局文字だけになってしまったものです(チョウチョは2つ入れましたけど^^)

どうしたものか…
小田原先生の平筆は、いつ見てもエレガントで素敵です。
練習しかないというのはわかってはいても、なかなか出来ない重い腰~^^;

いや、やっぱり練習します。

末長く幸せでありますように♪

2011/08/29 (Mon) 05:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。