--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10
2011

Italic & Copperplate CALLIGRAPHY

カリグラフィーの本の紹介です。

『Italic & Copperplate  CALLIGRAPHY   The Basics and Beyond』 ELEANOR WINTERS著
                                                   (DOVER)
Italic and Copperplate Calligraphy: The Basics .../Eleanor Winters
¥2,035
Amazon.co.jp
(2011年10月10日現在ではアマゾンで1800円で販売されています)

タイトルの通り、イタリック体とカッパープレート体の基礎からそれを越えたレベルの書籍です。
Part1からPart3に分かれています。

Part1 は THE BASICS
             道具の説明、文字の書き方(書体、傾斜)などの基本的な解説。
Part2 は CALLIGRAPHY CONTINUED : LETTER VARIATIONS
       フローリッシュやそのほかの書体のバリエーションの紹介
Part3 は 作品作りに向けたスペーシングやレイアウト、配色のアイディアの紹介

というようになっています。Part1が一番短いので、イタリック体とカッパープレート体の文字がきちんと書けるようになってこれからもっとバリエーションを増やしたいという、初級から中級に向けての人にぴったりの本です。

実際の作品例も掲載されていますが、よく洋書にある文字よりもデザイン中心といった作品ではなく、この本に掲載されているものは文字中心の作品例になっているので、フローリッシュの全体のバランス感覚など参考になるものがたくさん掲載されています。
フローリッシュについては、鉛筆での下書き例もあるので面白いです。

色使いについても、用紙の色と文字の色とのバランス、書体と色とのバランスについてもカラーで説明されているため、面白く読むことができます。

コストパフォーマンスのよい本だとおもいます。イタリック体とカッパープレート体が好きな人にはお勧めです。
              

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。