--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30
2012

水彩色鉛筆

勢いで、水彩色鉛筆のことを少し書こうと思います。

調べてみたら以前にもブログ記事を書いていました。 (以前の記事はこちら☆

私が普段使っているのは、油性色鉛筆と水彩色鉛筆。


水彩色鉛筆は、

color-pencil
上:ファーバーカステル アルブレヒト デューラー
中:ファーバーカステル ゴールドファーバー
下:ステッドラー カラト



ファーバーカステル
 
 ・アルブレヒト デューラー60色 (これも高級ラインなので、大切に使っています・・・)

color-pencil
缶からだして、100均の保存容器にコンパクトに収納しています。


ファーバーカステル
 ・ゴールドファーバー60色 (今はもう売られていないはず・・・お手ごろだったので普段使い用)
 
ステッドラー
 ・カラト
color-pencil

こちらは2社の同じ価格ラインの色鉛筆を一緒にまとめています。


ダーウェント
 ・インクテンス72色 (発色がすばらしい。乾くと耐水になる水彩色鉛筆)

color-pencil
木箱入りなのでこれはこのまま。


を使い分けています。こんな色見本も作っています。

color-pencil
ファーバーカステルとステッドラー

color-pencil
ダーウェント インクテンス



と前置きが長くなってしまいましたが・・・

ファーバーカステルの色鉛筆はいわずと知れたすばらしい色鉛筆。
発色も穏やかできれいで、水筆での水とけもいいのでとても使いやすいです。

インクテンスは、ファーバーカステルのものとかなり性質がちがっています。
発色はとても鮮やかで、水筆で溶かすとインクのような発色になります。
ただ、ファーバーカステルほど水とけがよくないので、色鉛筆の線が若干残ります。

色見本を拡大してみるとよくわかります。

こちらがファーバーカステル

color-pencil
上は色鉛筆のみ、下は水筆でぼかした色見本にしてあります。


こちらはインクテンス

color-pencil
上は色鉛筆のみ、下は水筆でぼかした色見本にしてあります。


あきらかにインクテンスは色鉛筆の線が残っています。ただほんとうにインクのように発色がいいので、色鮮やかに仕上げたいときに重宝しますし、乾いたら耐水になるというのは、カリグラフィーの下地として使うときにとても便利です。インクテンスで着色した上から、その下地の絵をにじませることなく、カリグラフィーの文字を書き加えることができたりして、とても相性のいい水彩色鉛筆なのです。

作品例・・・いつか作れるかな???



おまけに、


ちなみに・・・油性色鉛筆は、
三菱色鉛筆
 ・uni Pericia(ペリシア) 36色  ←かなりしっとりとした質感。応用がきく色鉛筆
 ・uni (普通の) ←気軽に使える^^
ステッドラー
 ・Mars Lumochrom ←2Hの硬度の製図用色鉛筆

を使い分けています。ペリシアはちょっとお高いので^^;大切に使っています。製図用色鉛筆はあえて細い線を出したいときに便利です。


10 Comments

みゅう  

10. Re:無題

>コアラ♪さん

カランダッシュは以前とてもいい油性色鉛筆をだしていましたね!私もかつて使っていました。
でもそれが販売中止になってしまったので、その代わりに今はユニのペリシアなのです。
コピックも使っていたことがあるけれど、アメリカだとありえないほどに高価な画材なのでもう使うのはやめました^^;(アメリカに持ってこなかったし)
この際、色鉛筆とパステルを使いこなそう!と決心している次第です^^

2012/04/05 (Thu) 16:33 | EDIT | REPLY |   

コアラ♪  

9. 無題

ワーイ、ワーイ、詳しく教えてくださりどうもありがとう♫
色々種類があるのねー?
ワタシも水彩色鉛筆派でーす♫
簡単、扱いやすい、大好きです♥
ワタシのはスイスのカランダッシュですが、大昔に日本の画材屋さんではソレが主流で、口コミでも中々の評判だったので選びました♫色鉛筆は結構大事に、ドライと水と使いこなせば長持ちするし、発色よければなおさらヨシですね♫
COPICもモチロンとてもステキでうらやましいけど、ワタシは水彩色鉛筆で十分HAPPYです♥
こんなに種類が沢山あるなんて面白そうね♫

2012/04/01 (Sun) 07:44 | EDIT | REPLY |   

みゅう  

8. Re:無題

>ぴゅうさん

ファーバーカステルはとても使いやすいですよね。色のグラデーションやボケも作りやすいですし。
でも実際には24色あれば充分楽しめるのも色鉛筆のいいところですよね。

カリグラフィーはいろいろな画材や技法とコラボレーションできるので、そういうところがとても楽しいです。パステルもよく使うんですよ。

私はほんとに困るくらい道具好きで・・・どんどん集めてしまって使いきれない、使いこなせないという羽目に。使ってあげないと、道具たちがかわいそうですよね^^;

2012/03/31 (Sat) 22:32 | EDIT | REPLY |   

みゅう  

7. Re:いいですね~☆

>みおぼんさん

以前は色鉛筆を全部箱やケースから出して、お部屋にディスプレーとして飾っていたのですが、やはりそうすると木軸部分の痛みが早いのでやめてしまいました^^;

ゴールドファーバーはなんでなくなっちゃったんだろう?というくらいいい色鉛筆ですよね!

私のイメージはまさにおっしゃるとおり、ファーバーカステルは画材やさんで、ステッドラーは製図やさんですね。

2012/03/31 (Sat) 22:29 | EDIT | REPLY |   

みゅう  

6. Re:すごいなぁ♪

>アポロンの娘ちゃん

ホルベインの色鉛筆もとても素敵な色鉛筆ですね。ぜひぜひ大切にそしていっぱい使ってあげてくださいね。色鉛筆を買ってくれるお父さんも素敵なお父さんですね。

いつかその色鉛筆で描いたり塗ったりした絵をみせてね♪

2012/03/31 (Sat) 22:27 | EDIT | REPLY |   

みゅう  

5. Re:こんなに!

>pangasuki55さん

色鉛筆の種類はホントにすごい数がありますね~。

色見本は作っておくと色塗りのときにとても便利なので重宝しています。

2012/03/31 (Sat) 22:25 | EDIT | REPLY |   

ぴゅう  

4. 無題

おぉ、圧巻です!
水彩色鉛筆といっても、こんなにたくさん種類があるのですね!
私はファーバーカステルアルブレヒトデューラーの24色とステッドラーの12色しか持っておらず(;´Д`自分的にファーバーカステルの方が使いやすいので、専らこちらしか使っていません
ただ24色なので(^^;;もう少したくさんお色が欲しいところです
カリグラフィーには全く精通しておらず、知らなかったのですが、下書きにも使われ
たりするんですね~
水彩色鉛筆、優秀な画材ですねo(^▽^)o
そして、みゅうさんの研究熱心さに毎回感服します!道具に関する愛を感じます(^ ^)

2012/03/30 (Fri) 14:47 | EDIT | REPLY |   

みおぼん  

3. いいですね~☆

こんなにたくさんの種類があれば本当に楽しいですし組み合わせも自由自在ですね!
今までこういった画材道具で40色以上を持った事がないので、いつか木箱入りとか(笑)ガツンっ!と何十色もあるものを手に入れたいです☆

私が持っているのはファーバーカステルのゴールドファーバーの5色組が二つで、ステッドラーは昔インテリアデザインの学校に行っていた時に製図用の道具として一式買いました(笑)。
その際はあくまで”製図用”だった為、カラーではなくまさしく黒鉛筆です(笑)。でもとても書きやすいですね~。

値段はどれもそれなりにしますが、やはり発色の美しさや色塗りにしやすさは譲れない所ですよね!

2012/03/30 (Fri) 07:17 | EDIT | REPLY |   

アポロン  

2. すごいなぁ♪

こんばんは。
アポロンの娘です!
色鉛筆色の数がすごいですね!
びっくりです。

私は、絵が好きなのでお父さんが、ホルベインの色鉛筆を買ってくれたのですが・・・
ちょっとしかなく、50なのでみゅうさんのを見たら
すてき~~~~♡♡♡
て思いました。

あっ!私は、ついついながくなちゃって、すみません。

2012/03/30 (Fri) 03:35 | EDIT | REPLY |   

pangasuki55  

1. こんなに!

こんなに種類があるんですね。
メーカーによっても発色の違いとか
乾くと耐水になるとか勉強になりました!

みゅうさんのお手製色見本帳、そのまま飾っても
いいくらいきれいにできてる~(*´∀`*)

2012/03/29 (Thu) 22:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。