--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02
2012

Winsor & Newton 水彩絵の具

そろそろ今年のカリグラフィの作品展の作品作りを始めないといけないのですが,今回は水彩絵具を使った作品を作りたいと思って,絵具を買ってきました.私のお気に入りのウィンザー&ニュートンの絵の具.その透明水彩絵の具,アーティストウォーターカラーです^^ 




私は絵の具はいつも「ガッシュ」と呼ばれる”不透明”水彩絵の具を使っているのですが,”透明”水彩絵の具を使ったイルミネーション(写本装飾)にチャレンジしようと思っています.

ちなみに,私はガッシュはいつもこの「ウィンザー&ニュートン」のほかに「シュミンケ」という会社の絵の具を使っています.どちらもとても発色がよく使いやすい絵の具.とくにシュミンケの絵の具はとてもセンスのいい色が揃っていて大好きです.高価な絵の具なのがつらいですが・・・


話はそれましたが・・・,今回選んだ絵の具は6色(明るい色みの3原色と,暗い色みの3原色)を購入しました.1つ5mlというとっても小さい絵の具であるにもかかわらず,1個15ドル(約1200円)近くするのもあり,この6色に絞りました.基本的には3原色さえあれば,白と黒以外はすべての色を作れるので充分ではあります.同じ色をたくさん使うときには少し困るのですが^^; どんな色を作れる便利さのある一方で,同じ色は二度と作れないという欠点もあります.でも混色の色作りはとても奥深く面白いので私は大好き.


早速,これらの絵の具で2種類(明るいものと暗いもの)の色相環混色色見本とグリーン混色色見本を作っておこうと思います.





0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。