--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31
2012

傾斜台のこと

カリグラフィーであったほうがいいと思うもの。

「傾斜台」

傾斜台


傾斜台はなかなか販売しているところもないし、販売されていたとしても高価だしということで、カリグラフィーを始める方は用意するかどうか迷うモノの筆頭のような気がします。(簡単に作れるものでもあるので、自作する人も多いです)

購入しても使わなくなる人もいますし、傾斜台を使うかどうかは人それぞれ。でも私は使いたいほうです。
理由は簡単、

「肩こり軽減のため」

もっと本格的なきちんとした理由もあります。インクの流れをよくする、手元がみやすいなど・・・
でも、肩こり状態ではなかなかいい字がかけません。そういうとき傾斜台があるだけで、姿勢もよくなるしかなりラク。私は手放せません。

確かに、日本の住宅事情でこのおおきな傾斜台は収納にも困るし、練習しようというときにいちいちセッティングするのも面倒・・・という人も多いのも事実。

けれど、私がアメリカに持っていく荷物を選ぶ際、この「アクリル製の傾斜台」は絶対に持って行きたいと思ったものの一つです。私がいろいろな傾斜台を見たり使ってたりしてきた中で一番いいものです。大きくてかなり重いのですが、それがとても傾斜台としては利点でもあります。大きな作品にも使え、安定している。
しかもアクリル製で透明なので、ドライエンボスやトレースなど、下から光が入るので透けやすいのでいろいろな作業がしやすいのです。
場合によってはしたからライトを当ててさらに強く透かすこともできます。
(この写真はアクリル傾斜台の上に、厚いスウェードの生地を敷いています。こうすることでペンに対し適度なクッションとなり書きやすくなるのです)


もしこれから傾斜台を購入しようという方がいらっしゃったら、ぜひ「アクリル製」のものを選んでみてください。使い勝手がよくて手放せなくなると思います^^

というわけで突然カリグラフィーグッズの紹介になってしまいましたが、現在ちゃくちゃくと作品展の作品作りを進めています。そろそろ細かいところのデザインを決めないといけません・・・

2 Comments

みゅう  

2. Re:おじゃまします^^

>むつみ@ネコイラストレーターさん

コメントありがとうございます!むつみさんはネコちゃんの絵を描かれるのですね!

私も実際、カリグラフィーのときだけでなく、絵を描いたりそのほかクラフトの際もよく使っています。

ライトボックスだとちょっと熱くなったりするのが気になるときがあるので、そういうときにはとても重宝です^^

2012/07/31 (Tue) 11:58 | EDIT | REPLY |   

むつみ@ネコイラストレーター  

1. おじゃまします^^

こういう台があるんですね。
知りませんでした。
私、絵を描くのですが、絵を描くと二にもよさそう^^

2012/07/30 (Mon) 21:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。