--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30
2013

Cheery Lynn Designs のダイを使ったお花の作り方1

私がよく利用しているダイのメーカー

Cheery Lynn Designs」 

にお花を作るためのダイがあります。




この種類のダイは「Cuties1」 から 「Cuties 4」 まで4種類あるのですがそれを使ったお花の作り方の紹介です。
要領としては、クィリングでのお花作りと同じなのですが、ちょっとした手間をかけるともうちょっとかわいいお花になります。



一番上がCuties3のダイ。したの3つは3種類のカットした紙。
(今日はCuties4は使いませんでした)


このダイを使ってお花を作るときはカードストックのような厚い紙だとちょっと作りにくいです。薄めの紙のほうがいいようです。



1.ダイカットした紙を半分に切って2つに分けます。(裏表があるので柄のある一部表が柄、裏が白の紙で説明します)


花びらの枚数が奇数なので、長いほうと短いほうができます。



2.半分に切って2枚に分けた紙を花びらが互い違いになるように貼り合せます。花びらに糊がつかないように下のところだけに糊をつけます。このとき、表が上になるように置いたとき、かならず短いほうが上に来るように糊付けします。




このように下が長く、上が短くなるように。




3.クィリングツールを使ってクルクル巻いていきます。このとき、裏側が外(柄が内側)になるように巻いていきます。




先端にはさんで・・・




クルクルクル・・・
内側に柄(表)、外側が白(裏側)になるように。。。




4.巻き終わったら最後のところを糊付けしてとめます。


右上のは開いてしまいましたが、この段階では蕾のような感じ。




5.最後、形を整えながら花びらを開いていきます。真ん中部分は開かないくらいがバランスがとれそうです。もし花びらが重なっていたら、すこし手でずらすときれいに整います。(巻いている間は糊付けしていないので簡単に動きます)


柄のある紙はちょっと厚くて硬かったのでバランスが悪いお花
になってしまいましたが、ピンクのお花は薄めの紙だったので
きれいにかわいらしく。






おまけ・・・

ちなみに、半分に切って張り合わせることをせずに、そのまま1枚を端から巻いていったら・・・


この写真の右側のように、ちょっと三角形ぽく仕上がってしまいます。花びらの根本部分が邪魔してしまうのです。
なので最初に花びらが互い違いになるように張り合わせることで、6角形になり見た目丸いお花になるわけです^^



今日は、とっても簡単にお花が出来上がるダイの紹介でした。


最後に、このCheery Lynn Designs」 は、とても繊細なダイが多くて気に入っています。ドイリーや蝶などとってもかわいいです♪


0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。