--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19
2013

久しぶりに DYMO を使ってみよう!

何年前になるでしょうか・・・ ほぼ日手帳を書く(描く?)のに「DYMO」も合わせて使いたいなぁと、手帳と一緒にほぼ日のウェブショップで購入していました。

最近、私がよくお邪魔しているWebサイト、「From MB in SD」でDYMOのレフィルが話題になっていた(この記事のリンクはこちらです)こともあり、引き出しの奥から引っ張り出してきました。

私が持っているのは、旧タイプなのでしょうか、「DYMO M1880」 という小さいもの。

02192013-01.jpg


文字のタイプは、アルファベットブロック体の大文字・小文字、筆記体の小文字の3種類ありました。


なかでもお気に入りなのは筆記体とブロック体小文字の記号です。

02192013-02.jpg
青いほうが筆記体、ピンク色のほうには記号があります。



この私が持っているM1880という本体は、レフィルが中に入らず写真のように外に出したまま使うとても簡易的なもの。

02192013-03.jpg


たしかにこれなら、「From MB in SD」で紹介されている、9mm幅にカットしたペーパーでもエンボスしやすそうですね!



あと、レフィルの色や量が話題になっていましたが・・・私が今持っていたレフィルはこれ。

02192013-04.jpg

02192013-05.jpg


上の未開封のパックは、普通一般に見かけるカラーです。ちなみに、

左の5色入りは、1つが 9mm (3/8") x 1.21m (4') の5つパック。
右の3色入りは、1つが 9mm x 2m の3つパック。


下のパステル&透明のレフィルは、9mm x 3m でした。


私はまだ米国でDYMOレフィルを購入したことがないのでコストパフォーマンスはわからないのですが、それほどたくさん使うものではないし、SMASHのカワイイ色のレフィルこんな色も)のほうが使い勝手がありそうでいいなぁ・・・と思っています。が、その前に、今大量に持っているレフィルを使い切らなくちゃ・・・





2 Comments

みゅう  

Ke* さん、コメントありがとうございます♪

Marikoさんのブログは内容盛りだくさんで、勉強になりますね~。そして忘れていた道具も思い出させてくださったり、その新しい使い道を提案してくださったり。

ダイモはなんとなく懐かしい感じがするところがいいですね。デジタル全盛のいま、時にはアナログが恋しくなるというのか。

ひらがな、カタカナもいいなぁと思うのですが、いまはとりあえず、もっている3種類のフォントを使いこなさないと・・・って思っています。

早く届くといいですね!

2013/02/20 (Wed) 11:19 | EDIT | REPLY |   

Ke*  

ダイモ!!

私もマリコさんのブログを見ましたよ~^^

2年くらい前に少し流行った時期あって、その時に買おうかな~って
思ったまま買わずにいたのですが、なんと、昨晩、私も
注文してたんです(笑)
実家に昔あったのですが、多分もおないと思われるので^^;

筆記体のいいですよね~。
悩んだのですが、ひらがな、カタカナが打てるものにしました。

到着したら記事にしようと思ってたのですが・・・
またアメブロの方にメッセします!

ちなみに楽天で購入しましたが、
筆記体のものもありましたよ~~^^
私が買ったものと入れ替えとか出来るなら
筆記体の文字だけが欲しいな~。

2013/02/19 (Tue) 14:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。