--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20
2013

エンボッシングホルダーで活版印刷風エンボス

Anna Griffin のカトルバグの製品紹介でもデモをしていましたが、エンボッシングホルダーを使って、活版印刷風のエンボスができます。今日はそれにチャレンジ。

02202013-11.jpg
左がドライエンボスしただけの状態、右がインクを入れた状態



白だけのドライエンボスもとても清楚できれいなのですが、インクをで色を入れるとまた違った雰囲気に。うまくカードの生かせればいいのですが・・・



さて方法です。

用意するものは、

02202013-03.jpg

・カトルバク または ビッグショットなどのダイカットマシン
・エンボッシングホルダー
・スタンプインクパッド

だけ。広範囲の場合は、スタンプインクパッドのかわりに、ブライヤーでインクや絵の具を塗ると楽なようです。


方法は単純。

1.まず色を入れたいほう(紙がへこむ側、エンボッシングフォルダーの凸側)にインクパッドで直接ホルダーにインクをつけます。
02202013-04.jpg



2.エンボスしたい紙をそっとインクをつけたところに置き、
02202013-05.jpg



3.そっと紙をはさんで、
02202013-06.jpg



4.バグちゃん(くるくるマシーン)でエンボス。
02202013-07.jpg



5.するとこんな風に!
02202013-08.jpg





で、逆側に色を入れたければ、もうお分かりですね!エンボッシングホルダーの逆側にインクパッドで色をつけます。

02202013-09.jpg


するとこんな感じに。
02202013-10.jpg


いかがでしょうか?


注意事項としては、インクをつけたホルダーはすぐにウェットペーパー(最近の私のお気に入りは赤ちゃんのお尻ふき)でインクをふき取ることかしら。色が残っちゃうと後が大変です。

それと、準備のところの写真に一つピンクの薄い色のものが置いてありますが、実はそちらでも実験したのですが、色が薄すぎてきれいに発色しませんでした。

ちょっと濃い目の色のインクを使うといいみたい。それか、濃い色の紙に、不透明水彩絵の具やポスターカラーで色をつけてもいいかも・・・と思っています。それもとても面白い効果が出そうです。



凸部分に色をのせたい時はまた別の方法になります。今日の記事は活版印刷風に凹面にインクを入れる方法でした~^^


(で、またカードも作らず、こんな記事ばかり書いているし・・・)



*** その後追記 ***

このエンボスしたカードに、「Mod Podge」のスパークルを塗ったらどうなるかなぁ・・・とまた試してみました。

02202013-12.jpg


きらきらで、なんだかちょっとお上品な感じになりました。


アップにしてみると・・・

02202013-13.jpg

つやつやで、インクもいい雰囲気に落ち着きました。
インクなしの、単にエンボスしたものもまた雰囲気が変わって面白いです。


ちなみに、MOD PODGE スパークルとはこれ。

02202013-14.jpg

このパッケージ、すごく古いので今のとは違いますが、カードにちょっとしたアクセントを加えたいときにとても便利な
きらきらノリです^^

6 Comments

みゅう  

verandaherさん、コメントありがとうございます♪

またまたリンクありがとうございました。verandaherさんのブログ、内容が盛りだくさんでとても楽しいので、私もいろいろな記事を読んでみたいなぁと思っています。

凸面に色をつけたいときは、エンボス後インクパットやインクブレンディングツール、パステル、チョークなどで表面をこすると色がつくのでそれもまたきれいです。

Mod Podge のスパークルはこれからのホリデーシーズンに大活躍ですね。私ももっとたくさん活用したいなぁと思っています。

2013/10/29 (Tue) 11:28 | EDIT | REPLY |   

verandaher  

こんにちは。先日コメントさせていただいたものです。レスありがとうございました! 間違った記述をしていたようですね。ご指摘ありがとうございます。すぐに修正します!!!

また、こちらの記事で紹介されているドライエンボスのアレンジがステキだったので再びリンクさせていただきました!

「紙に柄を浮き立たせるドライエンボス加工のやり方」
http://verandaher.blog.fc2.com/blog-entry-146.html

レトロな活版印刷が好きなのでとてもときめきました〜。この方法なら凸と凹どちらにも好きな色がつけられますね。

私もMOD PODGEが好きなので持っていないスパークルの使用感も確認できて大変参考になりました。ありがとうございました!

2013/10/28 (Mon) 23:47 | EDIT | REPLY |   

みゅう  

jamiさん、コメントありがとうございます♪

エンボッシングホルダーがプラスチック製なので、洗うのが簡単でいいですね!硬いたわしのようなものは厳禁ですが、やわらかいスポンジでなら中性洗剤で洗ってしまってもいいし。

ラメ入りのモッドポッジは私のお気に入りです^^
最初私も曲がることを心配したのですが、大丈夫でした。
塗った直後いったん丸まってきたのですが、すぐに平たく広げてクラフトマットの上においておいたら大丈夫でした。

リンク、承諾なしに勝手に貼ってしまってすみません^^; 私のブログのリンク、jamiさんに貼っていただけるなんて光栄です!

2013/02/22 (Fri) 14:11 | EDIT | REPLY |   

jami  

こんにちは。

これいいアイディアですね^^
インクがついちゃったのは、スタンプクリーナーとかで拭き取っちゃってもいいですよねw
私もエンボスやる時にチャレンジしてみようと思います(´ω`*)
ラメ入りMOD PODGEも可愛いですね♪
乾いた時に、紙が曲がったりはしないですか???

みゅうさん、リンク貼ってくれてありがとうございます(*^ω^*)
私のブログにもリンク貼らせていただきますねw

2013/02/21 (Thu) 12:15 | EDIT | REPLY |   

みゅう  

Re: なるほど~!

ほんとカードも作らず実験ばかり^^; ごめんなさい。

私には子どもがいないので、お尻ふきとは無縁でしたし、お尻ふきを買うときまず「どこにあるんだろう?」から始まり、「きゃっ、お尻ふき♪(私が買うなんて!赤ちゃんいると思われるかな???)」なんてちょっとドキドキしてしまったり^^;

いろいろ実験した結果をカードに生かせたらいいのですが・・・そういう意味でも、やっぱりMarikoさんってすごいなぁっておもいます^^

2013/02/21 (Thu) 11:41 | EDIT | REPLY |   

Ke*  

なるほど~!

今日も実験ですね^^

おしりふきは便利ですよね~。
(うちにはリアルに使うので必然的にありますが)

みゅうさんは一つのものの可能性をいくつも引き出してくれるので
とっても勉強になります!!

2013/02/20 (Wed) 14:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。