--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22
2013

Heatherさんのカリグラフィーワークショップ

昨年10月のことになりますが、私にとっての記録としても記事にておきたい思います♪


私の憧れ、カナダ人のHeather Victoria Heldさんの、カッパープレート体用のオブリークホルダー、ポインテッドニブを使った、エレガントなフローリッシュデザインのワークショップ。

02212013-07.jpg



偶然、本当にびっくりするぐらい偶然、彼女が私の家から車で1時間足らずの場所でワークショップの講師として呼ばれているということを知り、それで地元のカリグラフィー団体に入会させていただき、そしてワークショップを受講することができました。


彼女がカナダからアメリカに来るという偶然、そのアメリカの場所というのが、私の住むところのすぐ近く、こんなに広い世界なのに、こんな偶然があるのでしょうか? と思うほどの驚きでした。


Heatherさんは英語が苦手な私にもとても優しく親切に対応してくださり、作品が素晴らしいだけでなく、とても素敵な人柄に改めて大好きなカリグラファーさんとなりました。



当日、海外のカリグラフィーのワークショップに初めて参加する私はドキドキでしたが、参加者皆さんのとても暖かい対応のおかげで、とてもとても有意義な時間を過ごすことができました。


会場では、自由に写真を撮ってもいいということだったので、一番後ろのすみっこの席を陣取り(私隅っこ大好きなんです^^;)こんな雰囲気の中で講座が開かれました。



02212013-01_20130223061418.jpg
全体に、プロジェクターを通してデモンストレーションしてくださっている様子。


02212013-02_20130223061419.jpg
細かいところは、小グループごとにHeatherさんのところに集まって、すぐ近くでデモンストレーションを見せてもらいます。このときどんな質問にも気軽に答えてくださいました。(このときに限らずいつでも質問できましたが^^)


02212013-03_20130223061420.jpg
カリグラフィーのペンだけでなく、きらきらするゲルボールペンも使います。


02212013-05_20130223061421.jpg
ポインテッドニブですが、ときにはオブリークホルダーではなく、ストレートホルダーも使います。



02212013-04_20130223061419.jpg
パステルをメイクチップのようなものでぼかしつつ色を入れたり。




02212013-06_20130223061437.jpg
教室の片隅では、まるで工芸品のような素晴らしい手作りのペンホルダーが展示、販売されていました。すべてHeatherさんのご主人が手作りしたものとのこと。私も3本譲っていただきました。



76626_435894836473702_2131267024_n.jpg

644024_435894803140372_1280014775_n.jpg
この上の2本は、スネークウッドというとても貴重な木を使って作られていたもの。
上はカッパープレート(ポインテッドニブ)用のオブリークホルダー。下はストレートホルダー。


544951_435894863140366_827541105_n.jpg
これは、見事な職人技の装飾の入ったホルダー。動くリングが削りだされています。


この3本は一生の宝です! でもこれらのホルダーは見た目だけでなく、機能性も素晴らしいもの。特にオブリークホルダーのニブを取り付ける部分の角度が素晴らしく、ペン先が紙に引っかかることが全くなくなりました。絶妙な角度です!



このワークショップでは、一番最初の画像のもの以外に、数種類のデザインを学びました。
ちょうどクリスマス前だったので、こんなものとか、
02212013-09.jpg


やっぱりカリグラフィーといえば、羽根ペン!ということで、こんなデザイン。
02212013-08.jpg
これは、私のノートです。こんな感じにメモしつつ勉強しました。



そして、このワークショップ、丸2日間のレッスンだったのですが、どうしてもはずせない予定が2日目の午後に入っていたため、非常に残念だったのですが2日目の午後は参加できませんでした。
でもほかの参加者の方が、あとで残りの午後の分の内容のメモとサンプルをメールで送ってきたくださって・・・本当に親切な人たちが多く、感謝の気持ちでいっぱいです。




さらに・・・


私は知らなかったのですが、このワークショップの最後に抽選会があったとのことで、その景品?というのが、Heatherさんがワークショップ中にデモンストレーションしながら完成させた作品、サンプルだったそうなのです。

早退した私の名前ははずしてもいいくらいのはずなのに、ちゃんと私の名前もくじに入れておいてくれて、そして、なんと私が1枚当選したとのことで・・・責任者の方がわざわざ預かって、送ってきてくださったのです。


もう感謝感激です。

02212013-10.jpg
これが私に届いたHeatherさんのデモンストレーション作品。



あまりに嬉しかったので、額に入れて飾っています^^
02212013-11.jpg




とても貴重な経験をさせていただけた、充実した2日間でした。






0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。