--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07
2013

立体デイジーの比較(糊 VS グルーガン)

昨日クラフト用の糊を使っていたので、そのついでに立体デイジーを追加して作っておくことにしました。

というのも、先日、語学留学で1年間サンフランシスコに来ていた大学生が今月で帰国するとのことで、我が家に遊びに来てくれたのですが、そのとき、「お世話になった人にぜひ手作りカードを渡したい」ということだったので、カードの作り方を教えつつ一緒に数枚のカードを完成させました。

それで彼女が飾りに選んだのが、わたしが作り置きしておいた立体デイジーがほとんどだったのです。市販品のエンベリなども全部見せたのですが、彼女が選んだのが立体デイジーばかり。数ある素敵な市販品でなく、私が作ったパーツを選んでくれるなんて、なんてカワイイ子でしょう!と思ってしまった私です。

それでその中にはローズやそのほかのお花も一緒に入っていたのですが、一番デイジーが気に入ったもよう。きっとデイジーが一番春らしく、使いやすいお花なんだろうな!とカード作り初心者の人が選んだものをみて、私も少し勉強になりました。


と、前置きが長くなりましたが、そういうわけで、立体のデイジーがなくなってしまったので、追加して作ることに。

デイジーのパンチで作るのが一般的ですが、いまだデイジーのパンチで「これ!」という花びらの形、バランスのものに出会っていない私。一番気に入っているのは、今年1月に発売が開始されたばかりの
Cheery Lynn DesignsDaisy-Strip のダイ。

03072013-01.jpg


普通のカードストックなら2枚重ねてカットできるので、くるくるマシーンを一回まわせば、大中小の花びらがそれそれ2枚、デイジー6個分のカットができます。
(2インチ×8.5インチでぴったり)
中心にブラッズなどを通せる穴が開いていますが、花芯を上から糊付けするので問題なしです。

このダイカットした花びらパーツだけ準備しておけば、組み立てはたいして時間がかかりません。すぐにたくさんできてしまいます♪



どんどん話が違う方向に行ってしまいましたが、ここで立体お花を接着するのに何を使うか?ということなのです。

クラフト用の糊を使うか、グルーガンを使うか。

最初私はたいして違わないだろうと思って、クラフト用糊を付箋紙に出し、爪楊枝でちまちまと糊付けしていたのですが・・・なんだか違うのです。前回グルーガンで作ったときと雰囲気がなんだか違う・・・
どうも、糊の水分で紙がちょっと伸びるというのか・・・

そして実際に比較してしまいました!
(糊が出ていたついでにデイジーを作ろうと思ったはずが、結局グルーガンまで出しての実験に^^;)

03072013-02.jpg



ちょっと撮影角度を変えて・・・
03072013-03.jpg



左と右で使った糊が違うのですが、違いがこの写真でわかるでしょうか?使っている花芯部分のパンチが違うのが、比較が難しくなって申し訳ないのですが、左側の2つがクラフト用糊で作ったデイジー。右の3つがグルーガンで作ったデイジー。
グルーガンのほうが花びら一枚一枚が立ち上がって生き生きしているように見えます。クラフト糊のもこれだけみれば悪くないのですが、少し花びらが重いような、花びらが重なり合ってしまうような・・・


人それぞれの好みの差もあると思うので一概にどちらがいいとは決められませんが、私の好みは右側の元気のいい感じのデイジー。グルーガンのほうが手がべたつかず、簡単にくっつくし、これからはやっぱりグルーガンを使おうと決めた私でした。




*****今日のおまけ:私の使っている道具*****

1年位前までは、ペーパートリマーより、カッターマットの上でカッターと定規を使って紙を切るのが好きだったのですが、くるくるマシーンを手に入れてからというもの、紙をカットする枚数がかなり増えたこともあり、ペーパートリマーを愛用するようになりました。

私が使っているペーパートリマーはこれ。

03072013-04.jpg


FISKARS のトリマー。横の折りたたみスライドを広げなくても、6インチ×12インチのカットができるのでとても便利なのです。もちろん広げれば15インチ×12インチも可能。でも紙を裏返したり方向を変えれば安定した台のメモリの上でカットできるので大きさとしては6×12で充分です。

ちなみに、別売りの黒いパーツを使えば、折り目をつけるスコアリングボードにも変化♪便利なアイテムです。


私がこのトリマーをいちばん気に入っている理由は、これ。
03072013-05.jpg


青い矢印の部分に注目です。ちょうどカッターの刃が当たるところに細いワイヤーが渡っていて、どこが切れるのか、カットするラインの目印になるのです。長さでなく柄であわせてカットしたいときなどにかなり重宝するこの機能。さりげない工夫がなされている素敵なトリマーです。


みゆさんのお店「Pure Very」で扱われているのを発見したので、リンクを貼らせていただきますね。(商品ページはこちら





6 Comments

みゅう  

コアラ♪さん、コメントありがとうございます♪

コアラ♪さんも関心を持ってくださって嬉しいです~。

糊で表情が変わるなんて思いも寄りませんでした>< やってみるものですね~。
きっと、カードとしてだけ送るときはクラフトのりで、荷物などに同封して送れるカードにはグルーガンという使い分けもできるかなぁって思いました。

このCheery Lynn Designs のデイジーの形は本当にかわいくてきれいです。デイジーがきれいにできます。
私もダイソーのデイジーも持っていますが(ちなみに右の花芯はダイソーのデイジーです)、確かにそれは小さいし、なんといっても抜くのがかたくて辛いです・・・指の力だけでは抜けなくて、手のひら全体を使わないとダメで・・・ おかげで紙も無駄に使ってしまうし、失敗も多いし・・・で。レバータイプはラクに抜けていいですよね!

ちなみに同じメーカーから出ている「Rose」というダイ。コメントのKe*さんもお持ちですが、これはローズの花びらが5枚+がく1枚が抜ける優れもので、大中小とあるのです。コアラさんの立体ローズもこれで簡単に作れるのですよ~。(この3つのダイを並べて、さらにカードストック2枚重ねできるので、一度くるくる回すだけでローズ6個分の花びらが抜けるのです!)

アメリカに戻ってこられた暁には・・・思いっきりショッピングもエンジョイしてくださいね!!

2013/03/08 (Fri) 11:59 | EDIT | REPLY |   

みゅう  

joieさん、コメントありがとうございます♪

joieさんも、グルーガン派!嬉しいです。

でも友だちに「どれを使ってもいいよ~」って言ったのにも関わらず、手作り品を選んでもらえるとやっぱり嬉しいものですね^^

グルーガンは私はいつも低温で使っているので、やけどするほど熱くはならないのですが、そのかわり・・・すぐに固まってしまうので大急ぎの接着になります><

ペーパートリマーも同じものと知って嬉しくなってしまいました。
そうそう、メモリのスライドを広げる必要がないのがいいですよね。安定して長さもずれずにカットしやすいですものね。たぶんjoieさんもだと思うのですが、インチサイズで作ることに慣れてしまえば、とくにセンチ表示が必要とも思わなくなってくるので、不思議なものですね^^; (最近インチサイズの大雑把さが気に入っている私^^;)

ワイヤーは本当に秀逸ですね~。これがあるとないとでは大違いで。PPのデザインにあわせてきちんとカットできるのが嬉しいです。

おまけページは、一つの記事にするほどでもないことを時々載せます~。つまらない話題も多いかと思いますが^^; ときおりネコが登場することもありますのでよろしくです♪

2013/03/08 (Fri) 11:47 | EDIT | REPLY |   

みゅう  

Ke* さん、コメントありがとうございます♪

違いわかっていただけましたか!よかったぁ、ほっ。
写真だとなかなかお伝えするのが難しくて。

やっぱり、おっしゃるとおり、糊だとつい手で押し付けてしまうことにもあるような気がします。グルーガンだと熱いと嫌だなぁってそんなに押し付けないですし。
それと、やっぱり糊の水分の問題もあるように感じました。

あとその後気がついたのですが、グルーガンだと糊の部分に厚みがでるので、その分立体感が増すのかなぁと。
糊を薄くつけるとぺちゃんこなので、グルーの厚みが意外な効果を生んでいるようです^^


私もCheery Lynn Designs のローズ大中小持っています!これも暇なときに大量に抜いて花びら待機中です。
HPなどにでている作り方でなく、これもグルーガンを使った立体ローズの作り方で作るととってもかわいくなりますよ~。この花びらの形、素晴らしいです。そして、額もついているのが嬉しいですね^^


それにしてもFiskarsのトリマー利用率ってすごく高いんですね!びっくり。
私もほかのブランドのものも持っていますが、最近はもっぱらこれです。一度使い出すとやめられない・・・
このワイヤーラインがやっぱりすごく便利なのです。


私のブログを楽しみにしてくださっている方が一人でもいらっしゃると思うと嬉しくなってしまいます。
ほとんど自己満足なんですが^^;

不定期更新ですが、これからもお付き合いいただけると嬉しいです♪

2013/03/08 (Fri) 11:41 | EDIT | REPLY |   

コアラ  

コレはホントにオモシロイ実験結果をシェアして下さり、どうもありがとうございます♪(^.^)
使う材料一つで作品の表情が変わるので、どちらもステキですがそれぞれ色々違ってて良いですね♥
とても良いお勉強になります、どうもありがとうぅぅ~♥(^o^)/"""
ワタシも、このデイジーダイ、好きです♥とてもカワイイですね♪
私は100均のデイジー・パンチを持っていて、それでもソコソコOKですが、とても小さくて、ちょっとパンチしにくいのです。
今はもうバタバタ忙しくて出来ませんが、引っ越したら、この可愛いデイジーダイのお買い物したいです♥ウフフ♥ キケン、キケン…(^.^;)" 

2013/03/08 (Fri) 07:13 | EDIT | REPLY |   

joie  

同じです~

デイジーとっても素敵です。お友達が使っちゃったのわかります~
明るいSFの雰囲気に合ってる気がしますv-410
使う糊の種類で出来あがりがずいぶん違うんですね!
私もグルーガンのほうが元気そうで好きです。
(私は時々やけどしちゃうんですけどね・・・笑)

ペーパートリマー、私も一緒の使ってます!
もう少し小さいのもあるのですが、やっぱり6インチまで切れるのが便利ですよね。
カードだったらスライド広げることもほとんどないし~
それにワイヤー、確かにお利口さん!目で確認できるのがうれしいです。
おまけページも楽しみにしています~v-238

2013/03/07 (Thu) 23:58 | EDIT | REPLY |   

Ke*  

ほんとだ!!

違い、分かりましたよ!
のりだとついつい押さえてしまうからでしょうか?
グルーガンだととりあえず接触してたらいいかなと思うので
その違うもあるのでしょうか?
私も糊派でしたが、グルーガンの方が私も出来上がり、好きです。

で、Cheery Lynn Designsの新しいダイかわいいですね!
私、このタイプのお花はローズの大中小しか持ってないです。
日本で発売してるショップって今は一つしかしらないんですよねー。
そこにはないです、これ。(多分・・・)

私もトリマー一つはフィスカースのです。
でも個人的にセンチでも切るのでマーサのトリマーを家で使うことが多いです。
フィスカースは教室用です^^

トリマーの切るライン、気にしたことなかったです!
それがあるとすごく便利ですね。
ついつい適当に切ってしまって後で『しまった』って
思うこと多々あります^^;

今日もありがとうございました^^
みゅうさんのブログ、ほんとに楽しみです♪

2013/03/07 (Thu) 17:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。