--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03
2013

ミスト祭りに参加♪ 色見本作り

サンディエゴに住む、Marikoさんのブログ「from MB in SD」やFB(FBページはこちら♪)で開催されていた、「ミスト祭り!」

Marikoさんがミストにはまったのをきっかけに、彼女のブログやFBの読者もみんなで持っているミストのスワッチ(Swatch:色見本)を作ろうという企画?が。遅ればせながら、参戦??させていただきます。

私が持っているのは、Tattered Angelsの Glimmer Mistの7色と、

04032013-01.jpg

04032013-02.jpg



TSUKINEKOのウォルナッツインクミストの4色。

04032013-03.jpg



これらを使って色見本を作ります。


まずは準備。
周りにミストが飛び散らないように、Cloer Catcher(スプレーカバー)(日本ではクロップパーティさんで販売されています。)を組み立て、そこに後で片づけが簡単になるよう&このカバーを長持ちさせるために、クラフトシート(これもクロップパーティーさんで扱われています)を敷いておきます。

04032013-04.jpg



(実はクラフトシートを敷くのは別の意味もあります!これはこの記事最後のおまけに♪)


そして、大切なこと。グリマーミストを使う前に、そこにたまっているグリッターを混ぜるためにふらないといけないのですが・・・

本体には写真のように、"SHAKE WELL" と書かれていますが、どうやら いわゆるカクテルのように「シェイク」してはいけないようです。
シェイクではなく、ボトルを「よく左右に振る」が正しいようです。ボトルの底をボトルをもった手と反対の手の平にトントンと当てるように振るのがいいようです。シェイクしてしまうと、なぜだかグリッターのつまりなどの原因になると聞きました。

04032013-05.jpg



あとはミストするだけです。
結果は最後に載せるとして、もう一つ比較したいものが。
それはボトルに貼られている色見本と、実際の色にどの程度の違いがあるのかということ。

聞いた話によると、実際にそのミストを使って見本を作っているということなので、同じ色になるはず。ただ、お店の管理状態などによって色が抜けている可能性もあります。

それと、この色見本はしっかり色をつけた場合の色とのことでした。複数回スプレーを重ねることで出る色ということです。


ボトルと作った色見本を並べてみます。

04032013-06.jpg

04032013-07.jpg


おおむね同じ色といえるでしょうか?(この写真は色の調整をしていないので、カメラの色の癖がでていて、実際の色とはずいぶんずれがあります)


こちらはTSUKINEKOのウォルナッツインクミスト。
04032013-08.jpg




では、ここから本題に。色見本です。ここからは写真の色の調整をして、私の使うパソコンのディスプレイという条件付ですが、実際の色に近づけてあります。


Tattered Angelsの Glimmer Mist

写真ではグリッターの色がわかりにくいのですが・・・

04032013-10.jpg
左:Rouge 大人っぽい色
右:Rum Punch とてもかわいい色です

04032013-09.jpg
左:Gumdrop グリッターが金色
右:Moss 明るいグリーン

04032013-11.jpg
左:Nougat 本当にヌガーみたいです。金のグリッターがきれい
右:Sugar Maple テラコッタのような茶色

04032013-13.jpg
Bell Bottom Jeans ネーミングが気に入りました。シックなブルーです。



こちらは、TSUKINEKO ウォルナッツインクミスト。

04032013-12.jpg


紙をアンティーク調にすると書いてありました。上手に使うとそういう雰囲気にできるかもしれません。



そして、Tattered Angelsのミストの見本を、マクロレンズを使って接写してみました。

04032013-14.jpg


う~~~ん。もうちょっとグリッターがきれいに写ってくれるかな?と期待しましたが、ダメでした。
もうちょっと角度をつけて撮らなくてはダメでしたね。


というわけで、私も色見本ができて満足です。思いのほか均一にきれいにミストできたので、もっと積極的に使っていきたいなぁと感じました。
スプレーするときに若干コツがあるのですが・・・どうやって文章でお伝えすればいいのかわからず。

たとえると、スプレーをするときに紙から少し離して「ナイキ」のブランドのロゴの形に手を動かしながらスプレーするというのが一番近そうなのですが・・・わかるかしら?この表現???

手を固定してスプレーするとだまができやすいのですが、ミストを均一にきれいにつけるには、この手を動かしながら少し離れた位置からスプレーするというのがかなり有効なのです。






****それでは、今日のおまけ****

最初に、スプレーカバーにクラフトシートをセットしましたが・・・

実はお片づけのとき、このクラフトシートについたミストを別の紙でぬぐって、ちょっとニュアンスのある紙を作るということができるのです。

画像が汚くて申し訳ありませんが・・・

04032013-15.jpg
こんな風に、小さな紙で残っているインクをぬぐったり


04032013-16.jpg
カバーからクラフトシートを取り外して、
大きな紙で全体をふき取るようにお掃除すると・・・



こんな紙が出来上がったりします。

04032013-17.jpg


決して狙ってはできないような柄が出来上がるので、これをダイカットマシンやパンチを使って面白い柄が出せたらいいなと思っています。

今回出来上がった、この「お掃除紙」は、

04032013-19.jpg



さらに、マスキングに使った、ハートはこんな風に、

04032013-20.jpg
中央の薄いブルーのハートが元の色。
これがミストでいい色になりました。




お片づけしながら、新しい面白い紙が出来上がるという、一石二鳥なこのアイディア。
結構使えると思いませんか?


最後はキッチンペーパーでちょこっとクラフトシートを拭けばお片づけ完了です♪

04032013-18.jpg
クラフトシートを使い出す前の汚れが少しついていますが、おおむねきれいでしょう?お片づけも簡単、カバーも長持ちいいこと尽くしです♪



2 Comments

みゅう  

joieさん、コメントありがとうございます♪

はい!とうとう参加してしまいました♪

マーサのハートのラージサイズのボーダーパンチですが、これもともと、ハートのパンチ代わりに購入したもので・・・意外なところで役に立ってくれました^^

タタードエンジェルズ、参考になったとのこと嬉しいです^^
私もヌガーすごく大好きな色です。この写真で見る以上にとってもきれいな色なんですよ。金色のグリッターがまたとてもきれいなんです。

ツキネコのインク、薄めて使うという手段もあるのですね~。試してみます^^アドバイスありがとうございます!

ミストのとき、クラフトシートで受けると面白い効果が得られますよ~。マーブル紙のようにきれいにはならないにしても、ブレンド効果が面白い紙が出来上がります。ぜひぜひやってみてくださいね。

2013/04/05 (Fri) 08:15 | EDIT | REPLY |   

joie  

きれいですね!

Marikoさんのミスト祭り参加ですねv-392
ハートのマスクがかわいいです~
タタードエンジェルはどれも私の持っていない色だったので、すごく参考になりました~ヌガー欲しいですv-238
ツキネコのインクはそのままではとっても濃い色なので、ちょっと面倒ですが薄めて使うとアンティーク風のいい感じに染まります。
原液は部分的に使うととシミっぽくなって、よりアンティーク感が出ますよ~
おまけもいつも楽しみにしていますv-410
私もミストするときは、近くに別紙を置いておこぼれで染めてますw
クラフトシートで受けて紙に移すと、マーブリングしたみたいで面白いですね~今度やってみますv-221

2013/04/04 (Thu) 01:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。