--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22
2013

装飾文字を羊皮紙に。そして羊皮紙について

先日ご紹介したパーチメントクラフト(そのページはこちら)。そのクラフトで使う「パーチメント紙」の名前の由来となったと思われる、本物のパーチメント(ヴェラム、羊皮紙ともいいます)に、カリグラフィーの一分野である、「イルミネーション」(といっても電飾ではないですよ♪)の技法で装飾文字をかきました。

04222013-01.jpg


イルミネーションという言葉は、中世の写本を飾った装飾のことをさします。このころは、まだ「紙」が発明されていなかったので、この「羊皮紙」を使っていました。(このブログでは羊皮紙ということにします)

04222013-05.jpg


この羊皮紙以前は、パピルスを使って巻物のような書物がたくさんありました。「死者の書」などでこの形は有名ですね。

歴史的には諸説あるようですが、パピルスが手に入りにくくなった(争いや洪水などの理由)ために「羊皮紙」が開発され、使われるようになりました。結果として、羊皮紙は冊子形式製本できたり、丈夫であったりということで書籍の発達に大きく貢献しました。

今では、上質な紙が安価に手に入るようになったため、この「手がかかって、高価で、保管も大変」な羊皮紙を使う人や場面は減ってしまいました。ただ、今でもイギリスの公文書の一部は羊皮紙が使われています。


さて、今回ちょっと羊皮紙を使って装飾文字をかきたいなぁということもあり、お友だちのイニシャルを羊皮紙のかけらにかいて送りました。

04222013-02.jpg


羊皮紙は自然なちょっと透き通ったような白色系の色合い、風合いが美しいと思っています。


04222013-03.jpg


今回、羊皮紙のかけらでつくったので、いびつな形をしています。なので、お友だちにいただいたクリップデザインのマスキングテープでとめました。このマスキングテープの使い方も、このテープをくれたお友達のアイディア。すごく便利♪




そして、この羊皮紙・・・ちょっと太陽に透かしてみました。すると・・・

04222013-04.jpg


こんな風に、血管のあとが透けて見えます。紙と名前はついているけれど、本当は紙ではない・・・

それと、羊皮紙といっても、羊の皮とも限らず・・・一番いいものは仔牛の皮。(歴史的には牛の胎児の皮がベストだったそうで、そういったものが使われることも)今手に入りやすいのは、牛、仔牛、羊、ヤギの羊皮紙です。

動物の皮から作られるだけあって、1枚1枚の個体差が激しいのがこの紙の特徴でもあり・・・絵の具をはじいたり、きめが粗すぎたり・・・結構曲者の素材でもあります。

私はまだ羊皮紙を使って本格的な大きな作品は作っていませんが、実は今年の私の目標が、「羊皮紙を使った作品作り」だったりします。目標達成できるかしら・・・




フェイスブックページを作りました。
ぜひ遊びに来てくださいね♪

Calligraphy & Craft Studio "Mew"

Promote Your Page Too

2 Comments

みゅう  

Re: 羊皮紙!

そうです、そうです♪ お送りしたものです。お二人とも"J" だったので同じものを作ってしまいました^^;

英語でIllumination というのですが、アメリカ人でも知らない人おおいですよ~。

牧師さん、きっと大事に持って帰られた聖書(たぶん何かのファクシミリ版?)でしょうから、それにつよ~く反応されたjoieさんをみてきっと嬉しかったはずですよ。なかなかその価値をわかってくれる人はいないですから。

その牧師さんのお話も興味深いですね。当時は図書館の大きさが国の力を示していたというところもありますからねぇ。トルコはどちらかというとイスラム系の写本装飾が多いと思います。またヨーロッパ系のものと違っていてすごくきれいですよ~。

ぜひぜひじっくりその羊皮紙の聖書見させていただいてくださいね。私も何の、いつごろのデザインのものか、どんな書体か、興味津々。拝見できないのが残念><

まずは文字練習をしっかりしなくては・・・羊皮紙どころじゃないですね~^^;

2013/04/23 (Tue) 11:12 | EDIT | REPLY |   

joie  

羊皮紙!

うあ~これ、頂いたものですね!
jamiさんのブログでも・・・二人ともJだったんだ~v-410
Aも素敵です!イルミネーションって言うんですね。素敵!
色合いも雰囲気も気品が漂います~

羊皮紙と言えばびっくりすることが!
日曜日教会に行ったら、トルコ旅行から帰って来られた牧師先生が、羊皮紙に書かれた聖書の一部を見せて下さったんです~
「これだけが自分へのお土産ですw」とおっしゃっていました。
私は「おお~っ!v-405」ってめちゃ反応してしまいました~

国を代表する図書館同士が蔵書数の競い合いをしていて、相手の蔵書が増えるのを嫌がってパピルスの輸出を禁止したため、輸入出来なくなった国が羊皮紙を開発したこと。
パピルスより丈夫な羊皮紙のおかげで、古い聖書が残っていたことなどなど・・・お土産話も面白くて~
う~ん!羊皮紙、奥が深いです・・・私もトルコに行きたくなりましたv-392
今度羊皮紙の聖書、ガン見させてもらいます~

みゅうさんの今年の目標、出来あがるのすごく楽しみにしています~v-238

2013/04/22 (Mon) 15:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。