--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14
2014

オブリークホルダーの比較

モノ集めが趣味になってしまっているところも否定できない私。
今日はせっかく色々持っているので、ポインテッドニブ用の「オブリークホルダー」の比較をしてみようと思います。
FBを通じて仲良くさせていただいている、Yukaさん(ブログはこちら♪)の記事に影響されて私もやってみたいと思ったのが事の発端です。

代表的なものと私の気に入っているものを選んで比較してみました。(私、数えるのも大変なくらい沢山の種類のオブリークホルダーを持っていて、とても全部試して記事にする元気はなかったので、代表選手4種類選びました)

今日比較するのは、
1.よく日本でも扱われている黒いプラスチックのSpeedball製のオブリークホルダー
2.Chrisさんの手作りオブリークホルダー(カナダのカリグラファー、Heatherさんのご主人です)
3.海外の本やビデオによく登場するネジでニブを固定するタイプのオブリークホルダー
4.Engrosser's Script のマスターペンマン、Bill Lilly氏の手作りオブリークホルダー

です。

04112014-01.jpg


04112014-05.jpg


何が違うかというと、持ち手部分の形や材質の違いだけでなく、ニブと軸の角度に違いがあります。
実際に、ホルダーの形や材質はデザインの問題が大きいだけなのですが、ニブと軸の角度は筆記時に大きな影響が出ます。

通常私たちが文字を書くとき、軸の角度は自然に決まってきてしまいますが(ある程度なら意識して変えられますが)、そのときにニブと軸が作っている角度によって紙とニブの角度が異なってくるのです。

わかりにくいかもしれませんが、これがその写真。
04112014-08.jpg
左上:Speedball
右上:Chris
左下:スクリュー
右下:Bill Lilly



図解してみました。軸を持ったときの角度(☆)は同じでも、ニブと紙の作る角度が異なるのです。
04112014-09.jpg




1の黒のSpeedball製のものが一番角度が高く、
3,4のスクリュータイプのものとBill Lillyさんの手作りホルダーがほぼ同じ角度でとても低くなっています。
2のChrisさんのものはその中間。

私が一番使いやすいのは、2のChrisさんのものです。ニブの先の引っ掛かりがなくスムーズに文字を書くことができます。

それで文字を書いてみました。

04112014-03.jpg


04112014-04.jpg


こうやってみてみるとあまり差を感じませんが、


1のSpeedball社製のホルダーは、2〜4のホルダーを使いはじめると、あまりに角度が高く、かなり引っかかりを感じてしまうようになります。ニブが紙に引っかかるとき、先生に「もっとホルダーを寝かして・・・」と言われる人には、もしかしたら、2〜4のホルダーだと一気に問題が解決してしまうのかもしれません。結局尖ったニブの先が、高い角度で紙に接すると、それが紙の繊維に引っかかってしまうのですよね。


Gillott303のニブでスクリュータイプのホルダーを使うと、細いヘアラインを書くのが少し難しくなりました。角度が低いのでスムーズにニブが紙の上を滑ってくれるのですが、でもラインが少し太めになってしまう・・・ちょっとした力の加減がダイレクトにニブに伝わるホルダーなので、Gillott303のようなとても柔らかいニブだと、ほんとうに微妙の力加減でラインが変わってきます。かなり意識してヘアラインを細く書く必要があり、書いていてもとても神経を使ってしまう状態です。逆に考えれば、微妙なコントロールができる素晴らしいホルダーとも言えるのですが・・・そのレベルに達するにはかなり練習が必要そうです。


そこで、Bill Lillyさんのホルダーで使っている少し固めのニブ、Gillott No1068A というニブをスクリュータイプでも使ってみました。すると!意外な発見。とても書きやすいのです。細いヘアラインもらくらく、大きな文字のラインもスムーズに書けそうです。私の中では、スクリュータイプのオブリークホルダーはGillott No1068Aとのセットで使うことが決定になりそう。

04112014-02.jpg
このタイプのものは、Gペンなどの大きなニブでもしっかり固定して使えるのが便利


先にご紹介したYukaさんが、このスクリュータイプのものは少し大きな文字のときに使いやすいとおっしゃっていたのもよくわかりました。



さて、この試し書きですが、今回あえて、あまり滑りの良くない紙を使いました。

04112014-06.jpg


04112014-07.jpg



黒い紙に罫線がもともと引かれているパッドというのはなかなかなく、黒い紙に白いインクで文字を書く練習をするのにとってもいいと思ってこれを購入しました。Instagramで紹介されていて、eBayでポチッと。18冊セットで売られていて、そんなに使うのか???と思ったのですが、いつかカリグラフィーのレッスンで生徒さんにも使っていただくのもいいかなと思っています♪なんといっても1冊の単価がとてもお安いのが嬉しい♪♪もともとは不透明なゲルインクボールペン用のリーガルパッドとのことですが、ある程度ポインテッドニブ、オブリークホルダーに慣れている人であれば問題なく使えます。

この紙は薄い紙で、若干ざらつき、繊維の引っかかりも感じる紙ですが、それでも今回の実験で使った、2〜4のホルダーは全く問題なしで、紙の上をするする滑ってくれました。1のSpeedball製は私は大丈夫でしたが、ある程度角度を自分でコントロールできる人でないと難しいかもしれません・・・

ということで、こんな実験をしてみたのでご紹介してみました。

さて、今回使ったこの白のインク、これ本当は白ではなく、アイボリーです。
少し温かみのある白で私は気に入って使っています。

できれば近日中に、白インク、白ガッシュの製品別の色の違いをご紹介したいなと思っています。


5 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/10/02 (Sun) 07:01 | EDIT | REPLY |   

みゅう  

Halさま、コメントありがとうございます。

はじめまして。
やはり、ポインテッドニブを使う先生のワークショップに参加すると、みなさん角度が高いとペン先が紙に引っかかり、低くすることでスムーズになるということはおっしゃっています。

Speedball社のオブリークホルダーは流石にアメリカ製?だけに品質がバラバラです。Gペンがきつすぎて入らないものや、Halさまが手になさったようなゆるゆるのものまで、なんで大量生産品のはずなのにそんなに個体差があるのか驚いてしまうほどです。

日本でも手作りのオブリークホルダーを作られている方がいらっしゃるようなのですが、残念ながら私はそのことについてはほとんど何も知りません。

最近は手作りペンホルダーはアメリカ、ヨーロッパ、東南アジアの方々が作られているようで、Etsyサイトなどをご覧になると色々なものが出てくるかと思いますが、どの方のホルダーが私が紹介したような角度の低いホルダーを作られているのかはわかりません。何人か信頼できる作り手さんは知っているので、ご紹介することはできますが、皆さん英語圏の方なので英文メールでお問い合わせいただくことになってしまいます。

もしウェブサイトなどで購入される場合、すべての手作りペンホルダーの角度が、低い角度で作られているわけではないことには注意してくださいね。作り手さんの好みだったり、何も考えずに作られている場合もありますので・・・(場合によっては、Speedball社のホルダーと同じ角度で作られているケースもあるようです)

お役に立てず、すみません。

2016/09/28 (Wed) 11:20 | EDIT | REPLY |   

Hal  

Speedboll社以外のオブリークホルダーの入手について

はじめまして。Halと申します。

私は筆ぺんで漢字やひらがな、アルファベットを好きなように書いている者で、別のツールでも書いてみたいなと探していたところ、こちらを拝見いたしました。カリグラフィーについては未だに書いたことのない素人以前の状態なので、変なことを言っていたらすいません。

オブリークホルダーの入手について少し質問させてください。

記事にもありましたが、用いるオブリークホルダーによってNib-紙面間の角度がSpeedboll社製のものより小さい方が感覚的に描きやすいというのは「確かに!」と思いました。最近、そのSpeedboll社製のオブリークホルダーをAmazonを通じて初めて購入したのですが、予想に反して持っていたGペンがゆるくしかハマりませんでした。

そこで、Gペンが使えて、Nib-紙面間の角度が小さいオブリークホルダーが一本欲しいなぁと思っているのですが、どうやって入手すればよく分からないのです。検索しても海外のサイトばかりがヒットして、外国語に疎い私にはお手上げの状態です・・・。

何か、お教え頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

2016/09/21 (Wed) 22:48 | EDIT | REPLY |   

みゅう  

HIROさん、コメントありがとうございます♪

はじめまして。
いつもブログをご覧いただいているとのこと、そしてうれしいお言葉をありがとうございます。
いろいろな情報については、惜しげも無くというより、このブログ自体私の備忘録の意味合いが強いものなので、ほんと私個人のかなり偏った視線での記事になってしまっているかと思います・・・そして、とってもマイペースな更新ですし^^;

HIROさんは、yayoさんやMarieさんとのお友だちなのですね。こうやって新しい出会いができるのもとてもうれしいことですね。

Chrisさんのオブリークホルダーについては、このブログの右コラムのメールフォームまたは、FBページのメッセージ欄よりお問い合わせいただけると幸いです。そちらからメールアドレスをお教えいただければ、購入方法や大まかなお値段などお知らせすることができます。

これからもよろしくお願いいたします。

2014/04/16 (Wed) 15:17 | EDIT | REPLY |   

HIRO  

オブリークホルダー

始めまして。
ブログは結構前から見させて頂いています。本当にいろんな情報を惜しげも無く紹介していただいているので、ものすごく参考になります。

それに勝手に親近感を抱いてる理由が、YAYOさんとあべまりえさんと知り合いってところです。(と言っても私はワンデーレッスン何回か受けただけなんですが(^^;;。。。)

だいぶ前にオブリークホルダーの記事書かれてたときに欲しい〜って思ってたんです。

是非是非購入したいのでよろしくお願いいたします。

2014/04/15 (Tue) 22:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。