--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06
2014

細かいパーツをラクに扱う道具

ラインストーンなどの小さいパーツを作品に貼り付けるときに、それを手にとって仮置きしたり、糊をつけたりする際、なかなか思うように動かせなくてストレスが溜まることがあります。

先の細い精密ピンセットを使うという方法もあるけれど、手軽な方法として爪楊枝の先にちょっとだけ仮止め用のノリを付けてピックアップするという方法もありました。
が、やっぱりみんな思うところは同じなのでしょう。こういった細かいパーツを簡単にピックアップ、のりづけするためのお道具が出ています。

07062014-11.jpg



私が持っているのはこの2つ。

07062014-09.jpg
上:Marvy 「Jewel Picker」 (Made in Japan)
下:Lifestyle Crafts 「QuickStik」



Marvyのものはもともとはクラフト用ではなく、ネイルアートやビーズアクセサリー作り用の製品のようです。

この2つを比較してみます。


パーツをくっつける面が全く異なっています。


07062014-04.jpg
Lifestyle Crafts



私が気に入っているのは、パーツをくっつけるという本来目的ではMarvyのものの方が使いやすくて好きです。
Lifestyle Crafts のものはペンの先に粘着質のネリケシのようなものが入っていて、先を回すことで中身のそのネリケシのようなものが出てくるようになっています。接着面が汚れたりしてパーツがくっつかなくなったら新しい面に簡単に変えられる仕組みになっています。が・・・私の使い方が下手なのか、このネリケシのようなものがよくパーツ(スワロフスキー)にくっついてしまい、スワロフスキーの輝きが曇ってしまうのです。
一方、Marvyのものはもともと粘着タイプのものが先端にくっついていて、適度な接着力なのが気に入っています。これならスワロフスキーが汚れることもありません。もし粘着力が落ちても水洗いで粘着力が戻るそうなので実用的です。


ただ、Lifestyle Crafts. のものには、スティックのおしり側に便利ツールが隠されていて・・・

07062014-08.jpg


07062014-05.jpg
こんな風に外れます。



07062014-06.jpg
片方は尖った形状


07062014-07.jpg
もう一方はヘラ状



パーツを仮置きしたときに位置の微調整をしたかったり、しっかりのりづけするために上から押さえたりするのに便利なツールです。セットしているとこのスティック、長くてそれもちょっと邪魔・・・ということで、上の写真の部分を取り外してしまえば、下の写真のようにコンパクトになります。

07062014-10.jpg



どちらも一度購入すれば半永久的に使えそうです。一本持っていると便利なツールのご紹介でした。




フェイスブックページにも、ぜひ遊びに来てくださいね♪

Calligraphy & Craft Studio "Mew"

Promote Your Page Too













0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。