--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12
2014

iOSアプリ”Medieval Handwriting”

CATEGORYそのほか
iPhone や iPad など iOS6 以上で使える面白いアプリを見つけました。

Medieval Handwriting" というアプリ。

【日本のiTunes】
https://itunes.apple.com/jp/app/medieval-handwriting/id734335308?mt=8


【米国のiTunes】
https://itunes.apple.com/us/app/medieval-handwriting/id734335308?mt=8


イギリスの大学で中世の研究している学生向きに作られたオンライン学習のプログラムをiOSアプリに移植したもののようです。
12世紀から15世紀に書かれた写本の文字を読み下す練習をするためのソフト。古い文字の形があったり、文字の連結(リガチャー)があったりするので、単にアルファベットを読み下すだけといってもそれなりに知識や練習が必要になります。中世写本を分析したり、勉強したいカリグラファーにはとても嬉しい、そして楽しいアプリです。無料のアプリなのでぜひ♪

練習用には26個の写本が用意されており、そのそれぞれにその写本の解説、そのページの全文書き下し文が用意されています。実際に練習するときには、写本の一部を単語ごとに拡大することもできてそれもとても勉強になります。自分が読み下した文章を保存することもできます。

ということで、百聞は一見にしかず。スクリーンショットとともに雰囲気をお伝えいたします♪



1.読み下したい文章をひらき、その単語を拡大しながらキーボードで入力していきます。
11112014-01.jpg



2.入力が終わったところで、右上の”Check"をタップすると、間違ったところが赤くなります。
11112014-02.jpg



3.”Edit"をタップして、間違えたところを直し、再度”Check"しました。正解すると緑色のチェックマークが付きます♪
11112014-03.jpg




こうやって、課題として与えられている写本を使って読み下しの練習をすることができます。1つの写本にそれなりの長さがあるのでかなり時間がかかりそうです。それと我が家のiPadは初代なのでiOS5までしか対応しておらず・・・私の場合はひたすらiPhoneの小さな画面で・・・iPadならもっと使い勝手が良さそうです。


さて、他にどんな画面があるかというと・・・



右が課題の写本で、左側がその読み下し文全文です。
11112014-04.jpg




このように単語一つづつ拡大してみることもできます。
11112014-05.jpg




課題の写本についての解説もあります。
11112014-06.jpg




アルファベットの形の図鑑もついています。これは”S" の画面。
11112014-07.jpg




その他、写本によく現れる記号の一覧も。
11112014-08.jpg



下手なゲームアプリよりよっぽど楽しめそうなこのアプリ。写本好きの方にはぜひ試してもらいたいです。
(新しい課題写本も追加されないかなぁ・・・)




サンフランシスコ近郊、East Bay Area の自宅でカリグラフィー教室を開いています。また、ご依頼に応じて宛名書き、カード作り、記念ボード作りも承っております。興味のある方ぜひお問い合わせくださいませ。


フェイスブックページにも、ぜひ遊びに来てくださいね♪

Calligraphy & Craft Studio "Mew"

Promote Your Page Too

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。