--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23
2016

Michael Sullさんのワークショップ in Berkeley

2016年8月19日から21日の3日間のMichael Sullさんのワークショップに参加してきました。
会場はカリフォルニア州立大学バークレー校の近くの歴史的建造物である、The Berkeley City Clubです。
テーマは「Masterpiece Flourishing」
10人程度の少人数で3日間みっちり色々なスキルを学んできました。

Sullさんのとても温厚なお人柄もあって、クラス全体がとても暖かい雰囲気。和やかな雰囲気の中でのワークショップでした。
しかもお隣の席の女性は、なんと!隣町の人だったのです。かなりのご近所さんでした。お友だちもできて嬉しい♪

では、写真を中心に雰囲気をお届けいたします♪

WS_Sull01-001.jpg 
会場の建物入り口


WS_Sull01-002.jpg 
3日間のクラス資料


WS_Sull01-003.jpg 
レッスン開始前。Usaも一緒です♪


WS_Sull01-004.jpg 
Sullさんのデモンストレーション中


WS_Sull01-006.jpg
フローリッシュのデザインの方法とその過程


WS_Sull01-005.jpg 
トレーシングペーパーをたくさん使います


WS_Sull01-007.jpg 
モノグラムデザインの方法とその過程


WS_Sull01-008.jpg 
上が私がデザインしたもの、下はSullさんが手直ししてくださったもの。


WS_Sull01-009.jpg 
最終日、「ファンシーシグネチャーライティング」のレッスンでは、私の名前でデモンストレーションしてくださいました。1時間以上かけて、私の名前がデコレーションされていくのに、ドキドキしてしまいました。(この写真は、完成した作品にSullさんのサインを入れていただいているところ)


WS_Sull01-010.jpg 
こんな素敵なものができあがりました。


WS_Sull01-011.jpg 
デモンストレーションで完成した作品をいただけたので、額装しました。


WS_Sull01-012.jpg WS_Sull01-013.jpg
こんな面白いものも。新しいニブの先を焼くためのマッチ。


WS_Sull01-014.jpg 
Sullさんの本を持っていきました。
(下の2冊の本は、年末までに再出版される予定もあるらしいですよ)


WS_Sull01-015.jpg 
そして、サインを入れてもらいました。


とても楽しく充実した3日間でした。そして、この翌週は、サンフランシスコの近くのホテルで開催される、サンフランシスコ・ペンショーで開催される、Sullさんのスペンサリアン体の文字のクラスを受講することになっていました。

Tag:カリグラフィー ワークショップ MichaelSull スペンサリアン

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。